ゲーム

Posts filed under ゲーム

もう色々だめっぽいorz

Filed in 囲碁

 すなおにクリーンインストールします……orz

碁打ちは本屋がお好き?

Filed in 囲碁

 しきそこ先生の所からネタ取り。
 05/02/03のエントリのコメントにあるとおり2ch棋院関係者には本屋好きが多いような気がします。
 気力向上を目指して棋書を買い漁る、というわけでも無く。そもそも読書が好きだという方も多いようです (例えばyyzzさんとか(´∀`)) 。
 一部の方 (例えばyyzzさんとか(´∀`)) は既に中毒者と言っても良いほどに本屋と本がお好きな様です。
 そしてそう言う長月も割と本屋好きです。少なくとも三日に一度は行きます。月間40件ぐらいは行ってます。おかげさまで25kJPY/月ぐらいは使ってます (yyzzさんには敵いそうにありませんが(´∀`)) 。
 そんな本屋好きの多い、また、本屋好きでなくても割と毎月の様に棋書を買っている人が多い2ch棋院なんですが。果たしてそうやって使われたお金と時間は棋力に結びついているのでしょうか?
 囲碁の勉強として良く挙げられる三つのポイントは、実戦、詰め碁、棋譜並べ、と言われています。実戦は別として、詰め碁と棋譜並べに関しては棋書が絡んでます。なので問題集や棋譜集などは割と優先度が高いとも言えます。しかし、沢山棋書を買っている人はこれらの本よりも棋理や定石を扱った本を沢山買っているのではないでしょうか? 少なくとも長月はそうです。
 ではこれらの本はどの様に棋力に貢献するのでしょうか? それを知るために棋書を大まかに分類して特徴を列挙してみましょう。

 ・問題集:読みの練習になる、形や急所のカタログとして使える
 ・定石書:部分的研究の総決算、序盤展開の部品が手に入る
 ・棋譜集:手本、一種の作品
 ・棋理を扱った本:理屈を学べる

 以上から考察すると、問題集は技術を高めるための物と言えます。また、定石書も技術的な意味が強いと思われます。対して棋譜集は感覚的な部分を鍛える物と言えるでしょう。
 囲碁は数学的な側面を持ちます。部分的に見たとき着手という原因に地という結果が付く訳です。手順は公式と言えます。問題集や定石書はその公式を増やすための物だと言えます。任意の着手という変数と配石という定数をどの公式に当てはめると高得点を得られるか。部分的にはそれを考えるのが囲碁です。なので公式を多く知っているのはアドバンテージになります。
 対して、囲碁には語学的な側面も持ちます。全体的に見たとき、部分の損得で割り切れない部分どうしの依存性や関連性があります。最初から最後まで全てを読めるなら全てが数学的に処理出来るのでしょうが、実際には人間の能力に対して盤面が広すぎるため、ファジーな領域が発生するわけです。そう言った曖昧で文脈への依存度が高い分野は感覚が物を言う世界です。感覚を鍛えるには綺麗なお手本に数多く触れ得る事が一つの上達法です。棋譜集が担うのはそう言った部分でしょう。
 そして棋理を扱った本は理屈を知るための物です。それが何故どの様にそうあるべきであるか。知らなくても技術があれば、感覚が優れていれば問題ありません。しかし棋理はそれらに裏付けを与えます。行為に納得することは自信に繋がります、一種の自己暗示とも言えるでしょう。自信を持って揺るがない事が着手に一貫性を与え、勝ちに繋がります。
 他にも読み物的な本もありますが、そう言った本もモチベーションを高める効果があるので割と棋力に結びつく気がします。
 以上の考察をまとめると、分類毎に目的がはっきりします。

 ・問題集:形を覚える、読みを鍛える
 ・定石書:部分的解法を知る、序盤感覚を鍛える
 ・棋譜集:形を感じる、方向感覚を鍛える
 ・棋理を扱った本:着手に裏付けを与える

 今日も今日とて本屋に足を運ぶあなた、今必要なのはどれですか?

りりこー先生もですか(´・ω・`)その2

Filed in 囲碁

 またりりこー先生のblogからネタ取り。いやほんとりりこー先生いつもいつもお世話になっとります。
 りりこー先生は割と両利きらしいですが、ぢつは長月も左ベースの両利きなのです。
 そこでりりこー先生と比較しながら自分はどうなのかを考えてみます。

そーす先生に倣って行った自己分析の結果はさておき、私は序盤が好きで計算をしたりするのが面倒くさい。

 長月は序盤の終わり頃から中盤の始まりぐらいと大ヨセ辺りが好きです。
 序盤の最初の方は割と適当っぽいので好きでも嫌いでもないです。序盤の研究は好きですが。
 序盤の終わり頃からが好きというのは、以前分析したときに厚みを活かした攻めが云々とありましたが。攻めてにょろにょろ逃がすのが好きだからです。ダメを走らせているとぞくっとくる物があります。
 しかし本格的なねじり合いになると色々と不具合が出てくるので、そう言う場面の多い中盤は割と嫌いな方です。
 大ヨセに関しては二桁時代に大ヨセでとても得させて貰った事が多い事から好きです。今となってはアレですが。それと目算が一番楽しい時期でもあります。
 小ヨセは割と面倒なので嫌いです。

私は結構両利き。といっても両方使えるわけではなく、物事によって使い分けているだけだが…。
箸やペンといった細かい作業はすべて左で、ボールを投げたり大きな動きは右でする。
石を打つあるいはマウスを使うのはというとなぜか右である。

 長月も割とこう言うところがあります。しかし左利きの人は大抵そうでしょう。世の中が右利き優先なのでどうしてもそうなるのです。ハサミなんかでも左利き用の理不尽な高価さに怒りを覚えます。
 りりこー先生と比較してみると。箸などの細かい作業は左、但しハサミを使って何かを切る時はハサミが右利き用か左利き用かで変わります。大抵右利き用なので右が多いです。
 ボールを投げるなどの大きな作業はどちらも使います。右で投げた方が速く、左で投げた方がコントロールがいいという特徴があります。右腕の方が筋力があるようです。サッカーなどでボールを蹴るときも左右どちらも使います。足は右の方が若干器用な様です。
 石を打つのは右です。それが作法だと教えられたからです。それまでは左でした。左手の方が掴みやすいのです。
 マウスに関してはどちらもありですが、対局の時は石を打つ作法に則って右です。というかメインマシンに繋がっているポインティングデバイスが右利き用トラックボールなのでほとんどの場合右しか使えません。
 以上の考察から。

右手を使って左脳が働いているはずなのになぜ細かい分野が苦手なのだろうか?

 というのは、利き手あんまり関係ないかもが答えになりそうです。
 よって。

長所を伸ばすためにも碁石もマウスも左手で扱うようにしようかな…

 は、無駄な努力になるかもしれません(´・ω・`)

と、思ったら?(´・ω・`)

Filed in 囲碁

 二桁降格したかと思ったら9k? で踏ん張ってた。グラフ見間違えたらしい(´・ω・`)

ちょこタンおめ~ヽ(゚∀゚)ノ

Filed in 囲碁

 ちょこタソが一桁突入の模様。おめ。
 そして長月は何時の間にやら二桁降格。ついに抜かれた(´∀`)

またもりりこー先生のblogから

Filed in 囲碁

 りりこー先生がまたネタ振りしてるので便乗。
 今回のテーマは「対局中に用意するもの」
 長月が対局の時に用意する物は三つあります。一つは必須で残りはオプショナルです。
 長月は冷え性です。末端が物凄く冷えます。そしてキーボードとトラックボールはガラスのテーブルに置かれています。
 何が言いたいかと言うと、要するに冷えるんです。春夏秋冬関係無しに冷たいんです。放置すると手が物凄く痛くなりますし、思考に回せるはずのカロリーが生命維持に回されてしまいます。長月は集中すると呼吸を忘れるような人なので、気が付けば手がぷるぷるしてボールさばきが怪しくなることもしばしばです。なので対策が必要です。
 そこで用意するのがタオル。これをキーボードの手前とトラックボールの下に敷くと随分違います。冬だとこれでも足りないので、タオルの下に電気アンカーを置くこともあります。当然毛布にくるまっております。ストーブとかファンヒータとかエアコンとかが嫌いな長月は暖房器具を部屋に設置していないため、こんな事をしないと割と死ぬかもな状況にいるのです。
 そんなわけで対局の時とかチャットするときとかプログラム書くときにタオルは必須なのです。
 次にオプショナルだけどほぼ必ず用意されているのがコーヒー。
 長月はコーヒーが好きです。諸君、私はコーヒーがs(ry とか語れそうなぐらい好きです。通ではありません。割とインスタントとかでも無問題に暴飲します。いい加減肝臓が可哀想です。
 それぐらい好きな物なので対局時などのPCの前から動かなくなる時にはまず確実に用意されます。用意しないときもありますが、休憩がてら淹れたりするのでほぼ必須です。
 最後の一つはタバコです。
 これは本当にオプショナルです。集中すればするほど吸いませんから、正直無くても問題ありません。むしろタバコの本数で集中の度合いを測ってる所があります。
 別に集中できてないからどうこうという訳でも無いんですが、今回はあんまり集中してないなぁとか考えてる事もあります。そんなときにこそ勝ったりするのが皮肉です(´・ω・`)

対局中の癖

Filed in 囲碁

 是非2ch棋院bloger達にテーマとして送りたい題材です。ネタ元はりりこー先生のblog
 今回のテーマは「対局中の癖」
 りりこー先生は色々あるみたいですが、長月は癖と思える行動を一つしか持っておりません。そして出現条件は集中することの様です。モニタに向かってる時の方が出やすい様です。
 長月は囲碁に限らず集中すると呼吸を忘れます。割と危険です。プログラム書いたり読書したり囲碁打ったり、割と集中することが多い人なので余計に危険です。
 集中するとその内もうろうとしてきます、アレ? と思った時、思いだしたかのように呼吸が再開されます。
 いい加減その内死にそうです(´・ω・`)

傾向と対策 -囲碁に於ける布石と基本構想の最適化 (OPO, Openning and Plan Optimize) -

Filed in 囲碁

 今日もなにやらうだうだ考えている長月です。
 2ch棋院関連blogを見てたらたまちゃん所に以下の様なコメントがあったのでうだうだ考え中です。

360flip : 大高目つかいですが使わないほうが勝率いいです(何
使いこなせてなすぎです。一番勝率いいのは三連星っぽいです(もっと何

 ということで今回のテーマは、「長月的勝てる布石と構想」。
 とりあえず考えるためには情報が不可欠です。最適化の為には傾向を知らなければなりません。ということで布石に着目して勝敗を集計してみました。対局数が少なくてサンプルの足りない物はカットしてあります。

白星 黒星 勝率
三連星 15 17 .468
二連星 28 37 .430
星-目外し 19 12 .612
大高目 9 14 .391

 さらに上記のサンプルを構想別に集計し直してみます。

白星 黒星 勝率
大模様 23 33 .418
厚みと攻め 42 41 .506
6 6 .500

 以上の結果から星-目外しか三連星を用いた厚みで攻める碁が割と良いと言う傾向が見て取れます。
 確かに長月の好みとしては厚みで攻める碁が好きです。以前は大模様の碁が好きでした。地で打つ碁は昔からあまり好きじゃなかったりします。長月は割とはっきり棋風が出来てる様です。
 次に勝てない傾向ですが、内容を見る感じ、模様の碁の展開から方向転換させられたときに負けることが多いようです。地にしようと囲ったり、模様の争点を取られて中途半端な厚みで打つことになったりですね。元々が地を囲う発想の無いタイプの碁打ちなので、地を囲いに行くような碁や手はダメなようです。他には大石を取られて投了なども目立ちます。しかも死活の読み云々以前に無理が祟っている印象です。これも前述の厚みを上手く作れなかったり、厚みを活用できなかったりした場合に起こります。
 以上、ざっと自分の碁を俯瞰した結果、「地は気にするな、厚くじっくり戦え」が結論となりました。何だか新しい発見が無かったのが若干寂しい気分です(´・ω・`)

何名かお題を間違えたようですが(´∀`)

Filed in 囲碁

 ちょこタンぱんつ先生辺りがお題を取り違えた様ですが、新しいお題として受け止めませう。
 お題は「好きな布石」
 まず黒番から。
 最近のお気に入りはミニ中と両高目。黒番だとアグレッシブな布石が好きな様です。
 今までによく使ってた布石を列挙してみても一目瞭然です。
 ・三連星
 ・星-目外し (主にメーエン流)
 ・大高目-目外し (メーエン流或いは小ゲイマジマリ)
 ・大高目-小目小ゲイマジマリ
 ・ミニ中
 ・両高目
 星-目外しの頃までは割と大模様だけを考えてました。
 大高目を打つようになった頃からは大模様と言うよりは厚みで相手をコントロールする事を考えてるようです。
 ミニ中は少し毛色が違います。
 確かに厚みの碁を目指す所はあるんですが。割と序盤でペースを握れるなら厚みではなくても良いという考えで打ちます。
 そもそもがそれなりに布石の勉強をしてる人はミニ中にさせてくれませんから、それを含んでも研究の進んでる布石を使うことで序盤に時間を使わないようにしている節もあります。
 次に白番の場合。
 白番の時は自分からアグレッシブに打つ事が少ない様です。相手の出方を見る感じで二連星が多いです。
 ほとんどの場合二連星ですが、二連星の気分ではないときには星-小目か星-目外しが多いです。目外しの方が多い感じですかね。
 目外しも様子見の意味で打ちます。低いカカリなら壁を作るだけでも厚み派の自分としては有り難いですし、高いカカリなら割と大きな地になるので満足です。
 何にしても白番の時は待ちの碁を打とうとする事が多い感じがします。
 それでも基本的なスタンスがアグレッシブなのか割と手出しして最初と意図がちぐはぐする事もおおいです。おかげさまで白番の勝率は悪いですね。
 あと白番の方が作り碁になることが多いようです。それだけゆっくり打つと言う事でしょうか?

うなぎ画伯の提案に乗ってみる

Filed in 囲碁

 うなぎ画伯のとこ見てたら2ch棋院bloger達でテーマ決めて何か書いてみないか? と言う提案があったので乗ってみる。
 お題は「好きな定石」
 好きな定石と言っても色々あるわけですが、長月は総じて難解定石が好きな様です。
 だから村正の妖刀とか大斜とかナダレとか大高目とか好きです、割と良く打ちます。
 しかし難解定石は相手が間違う事が多くてしょんぼりな事が多いです。間違って欲しいわけではないのです。
 一応布石とセットでどう使えば良いのかを自分なりに研究した上で使用してるので、出来れば定石通りに進んで形を決めたいのです。
 まぁ間違ってくれたら大抵こちらが得なので良いんですが(´・ω・`)


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/users/2/lolipop.jp-dp07042166/web/wordpress/wp-includes/widgets.php on line 1042
Oenology Post Formats
Click to view/hide

Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/users/2/lolipop.jp-dp07042166/web/wordpress/wp-includes/widgets.php on line 1042
Posts Calendar
Click to view/hide
2017年11月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/users/2/lolipop.jp-dp07042166/web/wordpress/wp-includes/widgets.php on line 1042
アーカイブ
Click to view/hide

Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/users/2/lolipop.jp-dp07042166/web/wordpress/wp-includes/widgets.php on line 1042
最近の投稿
Click to view/hide