オペレーティングシステム【第二版】 第1章

Filed in prog, , 読書感想文

 のっけからごっつい本です。なんかこれが二冊あれば人を殴り殺すのも可能なんじゃないかって感じがします。と言うか、囲碁blogのアンテナから来る人が多い事を承知の上でこの本を選ぶ辺り、長月は捻くれ過ぎなんだなぁと他人事のように思うのでした。
 今日から読み始める本は、アンドリュー.S.タネンバウム、アルバート.S.ウッドハル著、千輝順子訳、今泉貴史監修、オペレーティングシステム 設計と理論およびMINIXによる実装【第二版】です。
 ページ数1200ページ越え、四割がソースコードとは言え、量も内容も大物です。正直長月なんでこんな物買ったんでしょうか? おかげさまで自作ソースコードを収めたディレクトリにFDとかHDDから起動するためのブートストラップコードとか転がってますよ'`,、(´∀`)'`,、
 さて、肝心の内容ですが、今回は第一章についてです。
 第一章はオペレーティングシステム概論と言うタイトルの通り、OSとは何であるかや、OSの歴史等が書かれています。また、歴史に沿って、現代のモダンなOSならばまず搭載している機能や概念等も説明されています。
 OSと言う概念やOSの歴史等は基本的に読み物です。技術的な面で見れば余り役立ちません。しかし、現在から見ればチープなハードウェアとソフトウェアしかなかった時代を思うと何とはなしに感慨深い物も有ります。テープメディアや8インチFDや5インチFDの時代を知る (当時年齢一桁) 長月はこの辺りを読むと、セピア色どころか思い出すのさえ苦労する時代の思い出が蘇ります。当時は父のひざの上で訳も解らずBasicのコードを眺めていた物です。
 さらに進んでMINIXの歴史を通り過ぎると、コンピュータ技術の進化を辿るように機能や構造、概念の説明が続きます。
 まずは概念の説明がなされ、プロセスやファイルシステム、メモリ管理やコマンドインタプリタ、システムコール等が解説され、OSの一般的な構造へと続きます。
 構造の解説では、モノリシックカーネルやレイヤ構造を持ったシステム、仮想マシン、クライアント/サーバモデル、所謂マイクロカーネルまで基本的な構造を割合丁寧に、且つ急ぎ足で説明しています。
 ここまでの内容は技術的な観点で見ると余り役に立たないものが多いでしょう。第一章は全体を俯瞰した物なので抽象度が高いのです。しかし、考え方を知らなければ設計や実相の段階で無用な悩みを抱えることになるので、こういった概念も無視できない物では有ります。
 本エントリを見てこの本を買おうと言う人は余り居ないと思いますが、この本を読むのであれば、まず第一章をしっかり読む事をオススメします。



Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/users/2/lolipop.jp-dp07042166/web/wordpress/wp-includes/widgets.php on line 1042
Oenology Post Formats
Click to view/hide

Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/users/2/lolipop.jp-dp07042166/web/wordpress/wp-includes/widgets.php on line 1042
Posts Calendar
Click to view/hide
2005年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/users/2/lolipop.jp-dp07042166/web/wordpress/wp-includes/widgets.php on line 1042
アーカイブ
Click to view/hide

Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/users/2/lolipop.jp-dp07042166/web/wordpress/wp-includes/widgets.php on line 1042
最近の投稿
Click to view/hide