オペレーティングシステム【第二版】 第2章 (後編)

Filed in prog, , 読書感想文

 え~と、ごめんなさい。「今日は豪華三本立て」と言いつつ「今日」に間に合いませんでしたorz
 さて、あおいろ日記豪華三本立て読書感想文フェア最後の一本はここ数日ですっかりお馴染み、A.S.タネンバウム、A.S.ウッドハル著、オペレーティングシステム 設計と理論およびMINIXによる実装【第二版】 第2章の後編です。
 第2章の後半である第6項はプロセスの実装についての解説です。例としてMINIXのソースコードを挙げています。6.1項から6.4項では、ソースファイルやヘッダファイルを収めたディレクトリの構成を解説しています。また、重要なヘッダファイルに含まれる定数やマクロに付いても触れています。特に6.4項はプロセスのデータ構造体の定義が解説されているのでよく読みましょう。
 6.5項から6.7項は初期化に関しての解説です。6.5項でブートストラップ、6.6項で初期化ルーチンおよびルートプロセス、6.7項で割り込みベクタについて解説しています。ここらはとても重要です。ブートストラップコードがないと何も出来ませんし、少なくともキーボードとクロック割り込みに対応しないと何も出来ません。正直この辺り重い話題ですが頑張りましょう。
 6.8項と6.9項はIPCとスケジューリングについて。カーネルの特徴を大きく左右する部分です。マイクロカーネルを採用するのであればIPCには特に注意を払うべきでしょう。
 6.10項ではハードウェアに依存する部分を解説しています。理屈に関してはそう難解ではありませんが、設計や実装を行うとなると、ハードウェア依存の部分をどれだけ切り離せるかがほかに大きく影響します。ハードウェアを隠蔽できるのであれば他の部分を高レベルで一般化でき、多くのマシンアーキテクチャに対応できるでしょう。
 6.11項ではカーネルだけでなく一般にも公開されるユーティリティライブラリや、カーネルのみが参照するライブラリ等を解説しています。この項は関数の使い方を解説しているだけなのでさらっと読み下せるでしょう。
 第2章の後半は特に骨のある内容になっています。正直読んでて眠いです。重いです。しんどいです。気合が要ります。でもそれだけに重要で飛ばせない部分が多いので気合を入れて読みましょう。
 いい加減囲碁関連のエントリ書かないとお客さん減るなと思いつつ今回はここまで。ではまた。



Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/users/2/lolipop.jp-dp07042166/web/wordpress/wp-includes/widgets.php on line 1042
Oenology Post Formats
Click to view/hide

Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/users/2/lolipop.jp-dp07042166/web/wordpress/wp-includes/widgets.php on line 1042
Posts Calendar
Click to view/hide
2005年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/users/2/lolipop.jp-dp07042166/web/wordpress/wp-includes/widgets.php on line 1042
アーカイブ
Click to view/hide

Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/users/2/lolipop.jp-dp07042166/web/wordpress/wp-includes/widgets.php on line 1042
最近の投稿
Click to view/hide