GoF本第三章その1: 概要

Filed in C/C++, prog, , 読書感想文

 改めて読むとGoF本結構退屈ですね。第2章は面白いのに(´・ω・`)
 今回から第3章に入ります。ここからはパターンのカタログなので、パターンの紹介の様な形になるかと思います。今回は第3章の概要です。続けて次のエントリで Abstract Factory パターンについて書きたいと思います。
 第3章では生成に関するパターンを扱っています。生成に関わるパターンのキモは二つ。生成されるオブジェクトの詳細を如何に隠蔽するか。そして実際の生成の詳細を如何に隠蔽するかです。
 あるオブジェクトのクライアントはオブジェクトに対する必要条件だけを持っていたいのです。言い換えるとインターフェイスの知識のみで必要なオブジェクト群を扱えるのが理想なのです。その為に、生成されるオブジェクトの詳細を如何に隠蔽するかが重要になります。
 また、クライアントではオブジェクトの生成をハードコードしたくないのです。具体的に言うと、new Hoge; 等とはしたくないのです。前述した方法の場合、Hoge の生成方法が new では無くなった場合ソースを書き換える必要があります。それは勘弁願いたいのです。なので、生成に関する知識の隠蔽も重要になってきます。
 本章では上記の様な要件を満たす為のパターンを五つ詳解しています。その五つのパターンを列挙しておきます。

 本章ではこれらの実装例として迷路生成プログラムを使います。迷路の生成エンジンを各種パターンを適用して設計する事でそれぞれの違いを明確にします。ここをそれなりにちゃんと読まないと実装の説明を見ても何の事やら判らないかも知れません。気合を入れなければならないと言う程ではないですが、油断はしないようにしましょう。
 本項は概要の説明なので、特に技術的な事は出てきませんが、生成に関するパターンの思想が解説されています。プログラミングに於て今実装中の物の目的や思想、そして理想がわからないのは無用の混乱を生みますから、生成に関するパターンが何をどの様に目指す物なのかをきちんと把握しておきましょう。



Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/users/2/lolipop.jp-dp07042166/web/wordpress/wp-includes/widgets.php on line 1042
Oenology Post Formats
Click to view/hide

Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/users/2/lolipop.jp-dp07042166/web/wordpress/wp-includes/widgets.php on line 1042
Posts Calendar
Click to view/hide
2005年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/users/2/lolipop.jp-dp07042166/web/wordpress/wp-includes/widgets.php on line 1042
アーカイブ
Click to view/hide

Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/users/2/lolipop.jp-dp07042166/web/wordpress/wp-includes/widgets.php on line 1042
最近の投稿
Click to view/hide