Exceptional C++ 5~8章

Filed in C/C++, prog, , 読書感想文

 あ~もう眠い、だるい、やるせない、なんかお疲れ。だから今日の感想文なし。
 ……嘘です。書きます。読んだのに書かないのなんか勿体無いですから。貧乏性です。
 今日も今日とてC++、昨日に引き続いてハーブ・サッター著Exceptional C++ 47のクイズ形式によるプログラム問題と解法 5~8章です。
 え~、まず第5章はシグニチャの自動照合、ネームスペースに関しての規則に関するあれやこれやについての問題が収録されています。
 長月はネームスペース内で宣言・定義された関数の呼び出し順序とか規則とかを知っていても理解しきれてなかった様で、初めて本章を読んだ時「おぉ!?」と思った記憶があります。言ってしまえば重箱の隅をつついたトピックなんですが、今時のC++ユーザならネームスペースは極普通に使っているでしょう。そして普通に気を使っていれば大抵の場合問題は無いはずですが、レアなケースで厄介なロジックエラーを起こす場合があります。そう言った場合、殆どのケースでは本章で書かれている様な事が起きているんじゃないかと思います。そんな事例滅多に無いよと読み飛ばさずに、一通り頭に入れておきましょう。
 第6章ではメモリ管理にまつわる問題を取り上げています。
 言ってしまえばよく見かけるトピックです。配列とポリモルフィズムは相容れないとか、メモリ管理はポインタのラッパでやろうぜとかそう言ったトピックです。ただ、取り上げているポインタのラッパクラスが auto_ptr なのが特徴的と言えば特徴的です。この手の話題では大抵の場合 auto_ptr は使えない例として少しだけ書かれて本題は参照カウントとかリンクリストとかでスマートポインタを実装する事であったりするのですが、本書ではSTLに拘っているのか auto_ptr を上手く使おうぜと言った事が書かれています。
 また、本章では operator new や operator delete の自作に関しても触れていますが、これも多くの場合に見られるちょっ速なアロケータとか空間効率の良いアロケータと言ったトピックではなく、エラーを起こさない、例外安全で例外中立なアロケータを実装すると言う安全性を重視した内容になっています。
 第7章では、よく陥る罠、落とし穴、反イディオムと言った所謂アンチパターンについての問題を扱います。
 オブジェクトの生存期間に関するトピックは割とああなるほどと思えました。でも、他のトピックはああこれどこかで読んだなと言った感じでした。流石にもう自己代入チェックとか暗黙の型変換はだめぽとか飽きてきました、だって大抵の本に書いてあるんだもん(´Д`;)
 ああ、「例外安全で例外中立な代入演算子 (或いはコピーコンストラクタ) ならば自己代入チェックは要らない、自己代入チェックのメリットは本当に自己代入が起きた時にのみ効率的なだけ」と言う主張にはへーと思いました。が、長月は何故そう言えるのかをちゃんと理解出来てない気もします。
 そして最終章の第8章です。第8章は分類しにくいトピックをいくつか扱います。なんと言うか個人的には読み物的な章でした。他の章に比べて難易度設定も低いようです。
 長月は第8章最初の問題からしてやられました。T t(); と言う記述、これだけで冷静に見れば T 型の値を返す引数をとらない関数の宣言です。しかしこれが変数の宣言・初期化のすぐ下にあったら? 長月は思わず変数の宣言 (定義) に見えました。ばっちり引っかかって誤読です。
 本章では const についても扱っています。この const、エラーとかが沢山出るとめんどくさくなって思考停止に陥るんですよね、結果 const 外すとか安易な道に走るか、良く考えずに思いついた事やってみてより大きなエラーを作りこむか、なんにしても悲惨です。そんな const の使うべき時使わざるべき時を割と丁寧に解説しています。特に「例え内部状態を変更しても外部から見た状態が変わらなければその関数は const である」は目から鱗でした。mutable の存在理由がやっと理解できました。
 そして最後のトピックである制御フローも興味深いトピックでした。自分が意図した以上に多くのパスが存在する事もあると自覚させられました。もうちょっと注意深く読んだり書いたりしなければと思わせます。
 いつもの如く駆け足なのか鈍足なのか、参考になるのかならないのか良くわからない文章ですみません。参考意見が欲しくて立ち寄って下さった方の為に書いておきます。
 本書は初心者の方にはオススメしません (内心却って初心者の内に読ませた方が良いかもとも思いますが)。しかし、貴方が少しはC++を使えると言う自覚があるのならば一見の価値ありでしょう。また、効率の良いコーディングの本は読み飽きた、安全で頑強なコードの書き方が知りたいと言う方も読んでみるべきだと思います。
 解りやすい文章が書けないのが申し訳ないと思いつつ本書についてはここまでで筆を置きます。
 ――――誰かの参考になる事を祈りつつ。

あはは~、やっちゃったワ'`,、(´∀`)'`,、

Filed in 日記

 エントリ公開したつもりで下書き投稿だったのに気付いた'`,、(´∀`)'`,、
 だから Exceptional C++ 1~4章エントリは実質出遅れ……orz
 せっかくの連続更新続いてるのに切れるの勿体無いから投稿時間は下書き時点のままで勘弁汁。


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/users/2/lolipop.jp-dp07042166/web/wordpress/wp-includes/widgets.php on line 1042
Oenology Post Formats
Click to view/hide

Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/users/2/lolipop.jp-dp07042166/web/wordpress/wp-includes/widgets.php on line 1042
Posts Calendar
Click to view/hide
2005年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/users/2/lolipop.jp-dp07042166/web/wordpress/wp-includes/widgets.php on line 1042
アーカイブ
Click to view/hide

Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/users/2/lolipop.jp-dp07042166/web/wordpress/wp-includes/widgets.php on line 1042
最近の投稿
Click to view/hide